【閉店】らーめん「菊や」@東京北千住|ラーメンじゃなくて「アイスクリーム拉麵」という食べ物

<2018年3月追記>
ラーメン「菊や」は、2018年2月に閉店しました。
お店の思い出として、この記事を残しておきます。



創業50年、店主が言うに、これまで営業停止をくらうこと3回
店内の壁には、一風変わったラーメンメニューがびっしりと掲げられている。

そんな「謎のラーメンの総合商社」なお店が、足立区北千住に存在します。
特に「斜め上のメニュー」だと聞いたのは、「アイスクリーム×ラーメン」という組み合わせ

ラーメンとして成立するのかもわからない、その謎のラーメンの正体は何なのでしょうか。

<スポンサーリンク>


らーめん「菊や」


★営業時間★
火~日 11:30~15:00 18:00~20:00

※月曜定休

★Pick up MENE★
ラーメン     ¥500
アルカリラーメン ¥750
納豆ラーメン   ¥750
中華ライス    ¥750

★住所★
東京都足立区千住大川町10-3


らーめん「菊や」への行き方


数多くの謎ラーメンを提供しているのは、足立区のらーめん「菊や」というお店です。
最寄り駅は「北千住駅」ですが、ここから15分くらい歩いていく感じになります。



「北千住駅」にはJR常磐線の他、東京メトロ日比谷線・千代田線、つくばエクスプレスも乗り入れています。
23区内の駅としては都心から離れていますが、路線が多いため比較的アクセスは便利です。

菊やの外観

駅の西口を出て、荒川の土手の方に歩いていくと、「菊や」を発見しました。
一見すると、平屋建ての昔ながらの小さなラーメン屋さんという印象を受けます。

菊やの謎の外観

近づいて看板を見てみると、何か違う空気を感じます。

紫色

水色

青汁?

コーシー

ココア


この部分だけを見ると、正直なにがなんだか訳が分かりません。
でも、確かに「謎のラーメンの総合商社」の一端が垣間見えた気がしますね。

謎のラーメンの総合商社


菊やのカウンター

店内は、カウンター6席のみのこじんまりしたつくりになっています。
ここだけ見ると、個人経営の昔ながらのラーメン屋さんですね。

菊やの謎のメニュー一覧

ですが、壁にビッシリと貼られたメニューを見れば、「菊や」が普通のラーメン屋とは違うことがわかります。
牛乳・・・納豆・・・アルカリ・・・健茶・・・珈琲牛乳・・・、本当に謎のラーメンが並んでいます。

菊やのアイスクリーム拉麺のメニュー

そして、目的の「アイスクリーム拉麵」がメニューにあるのを発見します。
今回は、これを食べるために来たので、迷わず店主にオーダーを告げます。

「アイスクリーム拉麵は冷たいラーメンだけどいい?」

気温が寒い日だったので、店主に確認されました。
どうやら「アイスクリーム拉麺」は、「冷やし拉麺」をベースにしているようですね。

<スポンサーリンク>


ビジュアルショック!「アイスクリーム拉麵」


「はい、アイスクリーム拉麵ね~」

アイスクリーム拉麵

簡単に解説しますと、2つに割った「アイスモナカ」をラーメンに乗っけて、さらにゆで卵をトッピングしてるわけですね。

「冷やし拉麵」と「アイスクリーム拉麵」の差額は100円
今のご時世、コンビニで「アイスモナカ」を買ったら150円くらいすると考えれば、お得感があるような気がしないでもないですかね。

アイスクリーム拉麺にはチャーシューが

最初は気づきませんでしたが、アイスの下にはチャーシューも隠れてました。
このビジュアルは、珈琲拉麺に匹敵するレベルですね。

さっそく食べ始めようとすると、「アイスとラーメンを別々に食べると普通の『冷やし拉麵』になっちゃうから、溶かしながら食べてね。」と店主から言葉がかかります。

「溶かすと味がマイルドになったりするんですか?」

「溶かすと更に怪しくなるんだよね」

正直、店主のコメントは、どこまでが本気なのかわからない部分があります。

さて、気になる「アイスクリーム拉麺」の味なんですが、意外にも普通でした。
ゴマ油がたっぷりと使われているせいか、味がマイルドになって、アイスの違和感を打ち消してる感じなんですね。

「『ラーメン二郎』は、ラーメンじゃなくて『二郎』という食べ物」という言葉がありますが、「『アイスクリーム拉麵』も、ラーメンじゃなくて『アイスクリーム拉麵』という食べ物」だと思って食べれば大丈夫と言っておきます。

ただし、トッピングのゆで卵には予想外の衝撃を受けました。

アイスの上に乗っかっているので、キンキンに冷やされた状態になっているんです。
ですので、口に入れた瞬間の刺激は、今までに体験したことのないものでした。

あと、アイスクリームなんで、あまり急いで食べると頭がキーンてなります。
「アイスクリーム拉麺」にチャレンジされる方は、頭のキーンにも注意して食べてくださいね。

「はい、食後のコーヒー」

菊やは食後にコーヒーも

「菊や」でラーメンを食べると、コーヒーがサービスでついてきます。
店主曰く「熱いラーメンには冷たいコーヒー、冷たいラーメンには熱いコーヒー」なんだそうです。

何故に「アイスクリーム拉麵」なの?


勇気を出して訊いてみました。
「何故にアイスクリームとラーメン、合体させちゃったんですか?」

「この近くにね、荒川の河川敷で練習している少年野球のチームがあるんだけどね」

「練習が終わるとね、コーチが子どもを連れてきて、この店でラーメン食べる事があるんだけど、それじゃあ子どものためにアイスクリーム置いといてあげようと思ったんだよ」

「そしたらね、ある時に子どもから『ラーメンにアイス乗っけてくれ』って言われたんだよ」

「子どもの発想力ってすごいよね、大人じゃ思いつかないこと言うんだからさ」


なんとなく、子どもの思つきリクエストに応えたというのはわかりました。
ですが、その「思いつき」で作ったラーメンをレギュラーメニューにしてしまった理由については最後まで謎でした。

菊やの謎のメニュー一覧

「あのメニューにある赤色とか青色とか紫色のラーメンて、何なんですか?」

「赤とか青は東京の他の店でもやってるかもしれないけど、紫色はウチだけだね」

(赤とか青をやってるラーメン屋も無いと思います。)

「紫色は毒レベル3だからね、大変だよ食べると」

(何よ「毒レベル」って?)

店主の受け答えは万事こんな感じなんですが、人柄が良いせいか、嫌な感じは全くありませんでした。
むしろ、色々と話してみたいと思わせてくれる、気持ちのいいマスターです。

<スポンサーリンク>


地域に愛される「菊や」


その奇抜なメニューからは想像できませんが、「菊や」はしっかりと地域に根付いたお店でもありました。



△「菊や」店内と「アイスクリーム拉麺」が登場する動画です



ちょうど「アイスクリーム拉麵」を食べに来た日、二人ほど別のお客さんがいらっしゃいました。
お二人ともご近所に住んでいて、すでに年金暮らしだそうですが、たまに「菊や」にラーメンを食べに来るとのこと。

軽く相撲の話題などで雑談して、このお店のことも聞いてみます。

「ここのマスター、ものすごく良い人だよ」

確かに、店主の人柄の良さは、話していてわかります。

「でも、ウチらはアイスクリーム拉麵とかは食べないけどな」

そりゃそうですよね。

それでも、こうやって常連のお客さんがいるということは、やはり店主の人柄によるものなんでしょうね。

帰り際、「冷たいの食べたから、お腹冷やさないようにしてね」と店主が見送ってくれました。

「ありがとうございます。今度は紫のやつ食べに来ます」と言って「菊や」を後にします。

何か変わったラーメンにチャレンジしたい日は、「謎のラーメンの総合商社」北千住のらーめん「菊や」で何かに挑戦してみてはいかがでしょうか。
私もそのうち、紫か青に挑戦しに行こうと思っています。


他にも、こんなラーメンを食べてみました

「亜呂摩」@東京お花茶屋|アイスとホットが選べて細麺と太麺も選べるビターな「珈琲拉麺」
ラーメンというのは、非常にバリエーションの多い食べ物です。 スープに麺、そして具材の組み合わせ方を考えていくと、無限に味を広げていくことが...
「ラーメン万福」@東京高円寺|白と黒!杉並保健所お墨付きの「牛乳ラーメン」と「キクラゲ定食」
美味しいけれども、あくまで脇役であって、それをメインに料理は作らないなって食材ありますよね。 例えば、「牛乳」とか「キクラゲ」なんかはどう...


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
カフェ&バーPC用記事下
カフェ&バーPC用記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
カフェ&バーPC用記事下